トップページにもどる


ホームページへ メールを送る ホームページへ メールを送る


過去の質問
Q1住宅、家具などで私たちの生活を豊かにしている木材の特性を具体的に教えてください。
A1木材の特徴としてはまず石油、鉄などと異なり、持続的再生産が可能な材料です。さらに、「軽くて強い」「ショックを和らげる」「熱を伝え難く、温もりがある」「調湿作用を持つ」「暖かい色、美しい模様を持つ」「光をマイルドにする」「肌触りがよい」「快い香りを持つ」このほか「加工し易い」「材料の加工・製造エネルギが少ない」「最終的には微生物によって分解され、焼却しても高温なら有害なガスなどは発生せずに無公害である」などがあげられます。

 
Q2スギ、ヒノキ、ヒバの違いとそれぞれの特徴は?
A2日本の国土の2/3は森林で、その森林の4割はスギ、ヒノキなど針葉樹の人工林です。スギは蓄積量がヒノキの3倍あり、それぞれの林業地で固有の品種が生産され、品種によって材質に差があることが知られています。ヒノキは品種による違いが問題にされていません。ヒバはスギ、ヒノキに比べると蓄積量が少なく、変種がありますが、材質の差は特にありません。ともに代表的な建築用材です。

 
Q3ホワイトウッド(オウシュウトウヒ)、レッドウッド(オウシュウアカマツ)とは?
A3オウシュウトウヒ(Picea abies)とオウシュウアカマツ(Pinuts sylvestris)のことです。近年、オーストリア、フィンランド、ドイツ、スウェーデンなどから大量に集成材、製材、製材用原木の形で輸入されるようになりました。2000年の輸入量は米材を抜いて一位です。しかし、日本における耐久性は未知数です。

 
Q4木造軸組住宅の建築費のうち、それぞれの工事別の費用、特に木材費はどの位ですか?
A4戸建住宅は規模が小さいため設備工事や仕上げ工事などの比率が高くなりやすく、全体工事に占める工事費用の比率は大きく変動します。一般的には本体工事の30〜50%を木工事が占め、その1/4から1/2、つまり本体工事費の10から20%が木材費です。

 
Q5木造軸組住宅は地震に弱かったと聞きましたが、他の構法と比べて弱いのでしょうか?
A5阪神・淡路大震災では、昭和56年に改正された現行の新耐震基準に適合して適切な施工管理、工事管理が行われていれば、十分安全であることが、むしろ証明されました。木造軸組住宅は他の構法と比べても地震に弱いことはありません。

 
 
Q6太い柱を使用すると、家は長持ちしますか?
A6木造軸組構法住宅では太い柱を使えば、それに合わせて土台も筋かいも太いものを使い建物がしっかりします。腐朽がおこったとしても危険な状態になるまでには小さい柱より長い期間がかかりますし、柱の根元が腐ったときにする「根つぎ」も太い柱の方がたびたびできます。こうしたことから家はより長持ちすると云うことができます。

 
Q7木造軸組構法の住宅に使用する木の種類が決まっているなら、その主なものを教えてください。
A7昔から長い歴史の中で建築の使用部位に適した木材の種類が伝承され或るいは習慣として伝わっています。造林で最も多く育てられているスギ、ヒノキは建物の使用部位のどの部分でも使用頻度の高い樹種です。また、樹種別に建築基準法で認定されている強度に応じて使用することができます。

 
Q8BL(ベターリビング)部品とは何でしょうか?
A8 消費者が種々の住宅部品の中から住宅部品を選ぶときの目安になるように定められた制度がBL(Better Living)です。
BL部品は、(財)ベターリビングの運営する委員会で、形状・材質・色彩、安全性・耐久性・機能性、施工・取付、価格、供給等が優良、適切であると認定されてBLマークの表示を許可された住宅部品です。消費者は安心して購入できます。

 
Q9コンクリート住宅などに比べて木造住宅は居住性が良いと聞きますが、本当ですか?
A9木材はいろいろな物理的特性を持っているので、木質内装材で仕上げられた室内は生物である人間にとって大変心地よい環境をかもし出し、すばらしい居住性を与えてくれます。それは、いろいろな疫学的研究、実生活の経験、居住環境の測定結果から実証されています。

 

Q10木造住宅では土台や床下の部材などが腐りやすいと言われますが、どうすれば防げますか?
A10木材の腐れは、いつもじめじめと湿った状態のときに生じます。住宅の床下部分はどうしても湿りがちなので、換気をよくし少しでも乾燥した状態にすることで腐り難くすることができます。さらに、床下に使う材料とくに土台には、ヒノキ、ヒバなど耐久性の高い材を使うか、保存処理剤(JAS製品)を使うことが望まれます。

 

Q11集成材とは?
A11 集成材は、ひき板または小角材を木目方向に平行にして、厚さ、幅、長さ方向に集成接着したものです。集成材はその用途によって建物の内部造作用と、建物骨組みなどに用いられる構造用の2種類があり ます。集成材の特徴は、割れ、そり、曲がり、ねじれなどの狂いが発生しにくく、腐りにくく自由な形状を作れるなどがあります。

 
Q12 薬になる木がありますか?
A12 わが国で栽培されている主な薬用木にはイチョウ、キハダ、サンショウ、トチュウ、ナンテンなとがあります。自然物志向が強くなっている傾向から、薬用木を含む薬用植物の需要は今後とも増えていくものと思われます。また、既知の薬効に加え、樹木成分の健康に関われウ新たな働きの発掘が積極的に行われています。

 

 
Q 13 木材は健康に良い素材ですか?
A13木 で作られてたもののそばに身を置くと、騒々しい目まぐるしい現代生活の中で生じるストレスはやわらげられ、安らぎを感じます。木材がコンクリートや金属、あるいはプラスチックと違う点はぬくもりです。木の柱や壁からにおう木の香は気を落ち着かせますし、木の床は衝撃を和らげ吸音、遮音の働きをします。自然から作り出された天然の素材”木材”健康に良い素材です。

 

 
Q14木材の手触り
A14木材は 金属などの他の素材に比べて人に優しく、しかも、面白みのある材料であることが経験的に知られています。 各種の素材に触り、血圧や脳波を計る実験でも木材は自然な感じがすると印象され、血圧は低下することがわかっています。

また、木材は暖かさを感じます。人ともっとも長くかかわっている素材のひとつである木材です。大いに触りましょう。

 

 
Q15 住宅のなかで腐り易い場所はどこですか?
A15 木造住宅の木質部を劣化させる生物の生育・活動の程度は、水分条件によって決定されます。腐朽菌糸が生育し、シロアリが活動する水分条件は液体状態の水分が一定期間滞留すると危険となります。

一般的に部材の種類としては、根太・大引・土台などの床部材や外壁の柱の脚部が劣化を受けやすく、方位としては、北・北東・北西で危険が高くなります。

生物劣化を受けにくくし、住宅の耐久性を延ばすには、維持・管理も含めた住まい方も重要です。

 
 
Q16 床下に木炭を敷いたらよいと聞いたのですが。
A16 床下に湿気がこもると床の耐久性に影響を及ぼしますが、この対策として江戸時代から土蔵の湿気取りに木炭を使うという方法がありました。木炭を敷くと床下の湿度を下げるので、かびやシロアリなとの床下湿気の害に対しては大変有効であることがわかっています。
 
 
Q17 木の床はダニを抑える効果がありますか?
A17 住居内にダニが増え、その死骸や糞は空中に舞い上がり、鼻から吸引されて喘息が起こります。アトピー性皮膚炎にもダニが関係していると言われています。

ダニを防ぐには室内の高湿度を避けるとか、掃除をよくして部屋を清潔に保つなどが効果的ですが、木の床を使うことも効果があります。

木の床はダニが住むには不利であること、ダニに有利な高湿の状態を少なくしていること、木のにおいがダニの繁殖を抑える働きがあることなどがあります。

 
 
Q18シロアリを防ぐには?
A18 ヤマトシロアリは水でぬれている木材のみを食害します。ヤマトシロアリの被害を防ぐには、いつも木材を乾いた状態にするか、万一ぬれても長時間水を滞留させないことです。

イエシロアリは、切り株などに巣をつくり木材に加害します。イエシロアリの場合、家の周囲を点検し付近に巣を作らせず巣を見つけたら駆除する必要があります。

 
 
Q19カビの発生を防ぐには?
A19 カビは、空気中に広く存在する目に見えない微生物の胞子が、木材表面の水で芽を出すことによって起こります。室内の木材にカビが生える原因の多くは結露によるもので、木を腐らせる原因ともなります。

木材のカビを発生させないようにするには、住宅の建て方を工夫し、壁の結露を防ぐことが大切です。

今住んでいる家での対策としては、周囲の遮蔽物を移動させて出来るだけ風通しが良くなるように工夫することです。扇風機などで乾かすことも一法です。

 
 
Q20 新築住宅では、体に悪いホルムアルデヒトが出ると聞きましたが。
A20 ホルムアルデヒトは、建築資材として使われている合板・パーティクルボード・壁紙・断熱材などに使われている接着剤などから放出されます。対策としては低ホルムアルデヒトの接着材使用の材料を使うことです。

すでにホルムアルデヒトに悩まされている場合は、部屋の温度をストーブなどで上げてわざと放散させて外気に逃がす方法があります。

木材にも極微量に含まれますが、「無垢」の製材品は、健康への問題が発生するとは考えられません。

 


トップページにもどる