トップページにもどる


福岡県内公共木造施設の紹介


 福岡県では、福岡県産材の利用拡大に努める中、
福岡県内の建築物における木造・木質化を推奨しています。
 その一環として「第3回福岡県木造・木質化建築賞」を募集
し、この度受賞建築物が決定しました。

詳細は福岡県のホームページをご参照ください。↓↓
http://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/mokuzou3kettei.html


(1)展示・多目的交流施設
(2) 学校施設等  

@九州国立博物館
  (大宰府市)

@白光中学校
 (大牟田市)

A竜岩自然の家
  (筑紫野市)

A福島中学校屋内運動場
  (八女市)

B北崎地区複合施設
  (福岡市)
B矢部中学校
  (矢部村)

C矢部村多目的交流ホール
  「木龍」 (矢部村)

C椋谷小学校下校舎
  (星野村)
D星のふるさと公園
  (星野村)
D輝翔館(きしょうかん)中等学校
  (黒木町)
E山村文化交流の郷
  いぶき館展示棟(東峰村)
E九州大学伊都ゲストハウス
  (福岡市)
F妹川コミュニティセンター
  (うきは市浮羽町)
 
G筑後広域公園体育館
  (みやま市)
 
H英彦山野営場
  (添田町)
 
Iうきはアリーナ
  (うきは市)
 
(3)保険福祉施設
(4)その他施設

@豊前市子育て支援センター
  (豊前市)

@行橋高等学校 「明豊館」
  (行橋市)

Aちづか保育園
  (豊前市)

A嘉飯山森林組合事務所
  (嘉穂町)

B篠栗幼稚園
  (篠栗市)
B古処山キャンプ村 「遊人の杜」
  (嘉穂町)
Cすぎのこ児童館
  (篠栗町)
C到津の森公園
  (北九州市)

D栗の子保育園
  (篠栗町)

D源じいの森ほたる橋
  (赤村)

E木製道具課〜わんぱく小屋
  (春日市)

E入堂川砂防堰堤
  (行橋市)

Fみどりの杜病院
  (八女市)
F木製机・椅子
  (児童生徒用)
G学童保育所
  (新宮町)
G関の山いこいの森キャンプ場
  (飯塚市)
Hれいんぼー幼稚園
  (須恵町)
H竹棚田交流館
  (東峰村)
I森のおうち保育園
  (福岡市)
I有安団地集会所
  (飯塚市)
 
J清水谷団地集会所
  (飯塚市)
 
K道の駅むなかた
  (宗像市)
 
L新宮町渡船待合所
  (新宮町)
 
M筑後広域公園アネックス
  (筑後市)

(1) 展示・多目的交流施設

九州国立博物館(大宰府市)
所在地
大宰府市石坂4丁目7−2
問合先
092-651-1111(福岡県総務部国立博館対策室)
ガラス壁面、チタン製の大屋根という近代的な様相の外観とは一転して、屋内は木材を多用した温かみのある空間をつくりだしています。天井には、九州各地の間伐材約4,000本を丸太の状態で使用。国内最大級、最新の設備により日本一の保存環境の収蔵庫には、九州産のスギが使用されています。

 

竜岩自然の家 連絡橋(筑紫野市)
所在地
筑紫野市大字柚須原373−1
問合先
092-921-3455(竜岩自然の家)
この木橋で竜岩自然の家公園と竜岩自然の家との間を結ぶことによって、人の流れがスムーズになるとともに、木製であることから、周囲の自然と良く調和しています。

 

北崎地区複合施設(福岡市)
所在地
福岡市西区大字宮浦
問合先
092-711-4652(福岡市市民局公民館整備課)
この施設は、北崎地区の地域コミュニティ活動の拠点として、公民館、消防分団車庫及び高齢者のための集会所である老人いこいの家を、複合化して設置されました。設計段階では、住民参加のワークショップを実施し、緑豊かな自然環境に囲まれた同地区のランドマークとするため、床や天井の仕上げ材として、県産材や天然木が使用されました。

 

矢部村多目的交流ホール「木龍」(矢部村)
所在地
八女郡矢部村大字北矢部10528
問合先
0943-47-3111
矢部中学校の体育館及び住民交流・レクリエーション・健康作りの場として設置したもので、使用されたスギ丸太は、矢部村有林(1.5ha)の85年生のスギを利用し、伐採、搬出、皮剥、自然乾燥、組立まで地元の木材 産業と連携して施工されました。

 

星のふるさと公園 (星野村)
所在地
八女郡星野村字麻生(星のふるさと公園内)
問合先
0943-52-3112(星野村企画振興課)
星野村には敷地面積22haの星のふるさと公園があります。この公園は周囲700mの麻生池を中心に照葉樹林を重視した里山的な自然公園で、約300種を超える樹木と野草が見られます。また動物、野鳥、昆虫類も多く、生物の宝庫でもあり、これらの自然環境資源を活かし、自然探検スクールのプログラムを実施するために、交流施設が整備されました。

 

 

山村文化交流の郷「いぶき館」展示棟 (東峰村)
所在地
東峰村大字福井2296-1
問合先
0946-72-2232(いぶき館)
四季折々の景色や産物、清らかな水、あたたかな人々、暮らしを彩る祭りや行事、炭坑や修験の歴史など、豊かな歴史・文化を次の世代を担う子供たちに伝えていく施設です。
隣の交流棟は、筑豊の炭坑王・伊藤伝右衛門の邸宅を飯塚から移築し、「炭坑クラブ」として利用していたもので、伊藤伝右衛門や柳原白蓮を紹介しています。

 

 

妹川コミュニティセンター (うきは市浮羽町)
所在地
うきは市浮羽町妹川字山の神2329-5
問合先
0943-77-2111(うきは市役所農林課)
妹川小学校敷地内に、地域住民による村おこし活動やや福祉ふれあい活動の場として整備されたものです。壁や床には地元の木材が使われており、木の温かみが感じられる施設となっています。

 

 

筑後川広域公園体育館(みやま市)
所在地
福岡県みやま市瀬高町本郷
問合先
092−651−1111(福岡県建築都市部公園街路課)

矢部川の中の島公園を中心とした、筑後広域公園内に建設され、屋根には、地元のスギを用いた大断面集成材が使用されています。また、室内の壁にはスギの腰板が使われています。中体連、高体連の県大会・九州大会が開催可能な規模の観客席が整備された屋内公式競技用体育館です。

 

 

英彦山野営場 ロッジと炊事棟
所在地
福岡県添田町英彦山
問合先
092−651−1111(福岡県環境部自然環境課)
 この施設は、英彦山野営場に設置されたロッジと炊事棟です。耶麻日田英彦山国定公園内に設置することから、周囲の景観と調和する建物とされています。

 

うきはアリーナ
所在地
うきは市浮羽町朝田
問合先
0943−74−8080(うきは市生涯学習課)
 
 うきはアリーナは、約3,000uのメインアリーナ等に加え、サブアリーナ、温水プール、トレーニングルーム等を備えた、うきは市の総合体育館です。
 アリーナとプールの屋根架構に地域材の「耳納杉」が2,300本使用されています。皮剥ぎ・自然乾燥させた杉丸太は、生命感に富み、一本一本が個性的で、集まった姿は地域性を豊かにかもし出します。

 

▲見出しへ


 

(2)学校施設等

白光中学校
所在地
大牟田市椿黒32番地
問合先
0944-41-2860(大牟田市教育総務課)
この施設の管理棟校舎及び教室棟校舎のそれぞれ1階から3階の内部改造工事で、天井、壁、床に木材が使用されました。

 

福島中学校 屋内運動場
所在地
八女市大字本村430番地
問合先
0943-23-1954(八女市学校教育課)
築40年を経過した中学校の屋内運動場の再生工事によって、ガラスを多用した明るい空間をもつ施設となりました。採光の調整、ガラス面の保護、金属的な空間を和らげるなどの目的で、壁から天井にかけて、木製ルーバーをめぐらせています。

 

矢部中学校
所在地
八女郡矢部村大字北矢部11047番地の2
問合先
0943-47-3111(矢部村総務課)
この施設は、@地域に開かれた学校、A快適な生活環境をもつ学校、B個性、創造力、豊かな感性を育む学校を視点に設計され、自然に溶け込む色彩、多目的スペース、ワークスペース、バルコニーやテラスなど多彩な学習生活空間が設けられています。鉄筋コンクリート造りですが、室内の床、壁は矢部村産のスギなどにより仕上げられ、心和む空間が広がっています。

 

椋谷小学校下校舎
所在地
八女郡星野村6924番地の1
問合先
0943-52-3707(星野村教育委員会)
この施設は、大正6年に建築され、昭和23年から昭和26年に増築された木造(地上1階)の校舎を老朽化により改築したものです。星野村の自然環境を考慮した建築構成がとられ、星野村産のスギ・ヒノキが活用されました。また、総合的な学習や特別活動で活用できるよう、ワークスペースの空間が設けられました。

 

輝翔館(きしょうかん)中等学校
所在地
福岡県八女郡黒木町桑原10−2
問合先
092-641-4141(福岡県教育庁)
これは、中学校の校舎の改修工事で、教室の床や渡り廊下などに木材が使用されたれいです。 木材を使用することで柔らかさと暖かみを感じられる教室になっています。

 

伊都ゲストハウス
所在地
福岡市西区元岡744
問合先
092−642−2221(九州大学)
 
 主に外国人研究者を対象とした職員宿舎として「和の雰囲気 が感じられる施設」をコンセプトとした。また、積極的な国際交 流が図れるよう多目的ホール、和室を1階に、談話コーナー、 共用キッチン等を各階に設置した。

 

 

▲見出しへ


 

(3) 保険福祉施設

豊前市子育て支援センター
所在地
豊前市大字千束78−2
問合先
0979−82−1111(豊前市建設課)
この施設は、就学前の子供を持つ母親同士の交流や、保育士の指導による育児支援の場として設置されました。柱、天井、床、壁などの仕上げ材は、おもに豊前市有林のヒノキ、スギが使われています。また、健康面にも配慮し、木部については天然植物油脂性クリアー塗装がされています。

 

ちづか保育園
所在地
豊前市大字千束78−2
問合先
092-651-1111(福岡県保健福祉部児童家庭課)
船をイメージした屋根が特徴的な園舎は、木造で内装には豊前市産のスギ、ヒノキが多用され、天窓から太陽光が差し込むよう設計されています。公立の保育園では、県内初となる病後児保育室や安静室を備え、病気の快復期で集団生活は難しい段階の園児が、身近に木と接することでのびのびと安らぎを感じながら過ごせる施設となっています。

 

篠栗幼稚園
所在地
糟屋郡篠栗町大字金出3562−1
問合先
092-947-1111(篠栗町教育委員会学校教育課)
この施設は、篠栗市街地の東方に位置し、東南北の三方を山に囲まれ、優れた教育環境にあります。また、施設本体についても、福岡県美しいまちづくり賞の大賞を受賞しています。園舎は大きく教室棟・遊技室・管理棟に分かれ、教室棟南側のウッドデッキテラスには、穏やかなアーチを描いた木製の太鼓橋があり、両端の物見櫓が園児たちの遊びの場として好評です。

 

すぎのこ児童館
所在地
糟屋郡篠栗町大字和田486−1
問合先
092-947-1111(篠栗町福祉課)
この施設は、北勢門小学校に隣接して建設されました。地域の親と子どもたちのための施設で、親しみとやさしさが感じられるように、内部仕上げにほぼ木材が使用され、外部は周囲の景観との調和を考え、最新技術で加工された不燃スギ板を、全面に使用して施工されました。

 

栗の子保育園
所在地
糟屋郡篠栗町大字田中246番地
問合先
092-947-1111(篠栗町福祉課)
この施設は、床、壁、天井の大部分に木材を使用し、自然感を充分に味わうことができるように配慮されています。また、大ホールを中心に教室が配置され、雨の日でも園児たちは、のびのびと遊ぶことができます。木材は福岡市内で購入されました。

 

木製遊具課〜わんぱく小屋
所在地
春日市
問合先
092-643-3536(福岡県林業振興課)
 春日市の保育園に設置された、木製遊具です。
 園児が木の優しさに触れ、健全に育つことを目的に、地域材を利用して整備されました。

 

みどりの杜病院
所在地 〒834−0051
福岡県八女市立野362−1
問合先
0943-23-4131(公立八女総合病院企業団)
 この病院は、全国的にも例の少ない完全独立型の緩和ケア専門病院であり、がんの患者とその家族が穏やかな日々を送れるよう、 痛みや身体的・精神的苦痛を緩和する専門病院である。
 病院の運営方針を達成するため、「木の与える癒し効果」を最大限に活かした施設が最適であるとの考え方の下に基本的に木造で建築された。
 構造は、木造1階建、一部RC造で、構造材はもとより、内装においても床、壁、ラウンジや廊下の天井などふんだんに木材を使用し、明るく落ち着いた院内空間をつくっている。 木目の美しさや柔らかな質感が、窓から望む周辺の田園環境とも調和し、「安らげる」と、患者や家族の評価が高く、また、床材に弾力にある木材を利用することでケアするスタッフからは木質床材使用により足腰の負担が軽減されると喜ばれている。

 



学童保育所
所在地
新宮町下府757番地1(新宮小学校敷地内)
問合先
092-962-5111 (新宮町教育委員会社会教育課)
児童数が多く、教室幅(梁スパン長)を長く確保する必要があったため、当初は1階梁材は鉄骨を使用する設計であったが、なるべく地域材を活用したいとの意向から、通常の柱角の無垢材を鋼板で補強する「スチール梁工法」を採用した。またキッチン等のテーブル造作も柔らかいスギの集成材を用い、また角の部分の丸みを大きくするなど、子供達の安全面に配慮したデザインとしている。

 



須恵町立れいんぼー幼稚園
所在地
福岡県糟屋郡須恵町大字旅石523番地
問合先
092-932-1151 (須恵町子ども教育課)
幼稚園・保育園が一体となった施設です。最大で27.5mのスパン(イベントホール)があり、概ね7〜8mスパンの保育室も、木の温かさや柔らかさを感じる園舎が演出されています。

 



森のおうち保育園
所在地
福岡市中央区小笹3丁目13番6号
問合先
092-791-5654
従来から存在したクスノキ等を伐採せずにそのまま活かし、これにマッチした木造として大断面スギ丸太をあらわしの柱に使うとともに、床、腰壁などにも木質にこだわり、幼児に優しい保育園としている。

 

 

▲見出しへ


 

(4) その他施設

行橋高等学校 創立100周年記念会館「明豊館」
所在地
行橋市泉中央1丁目17−1
問合先
0930-23-0164(福岡県立行橋高等学校)
この施設は、建て替えを機に保育所および地域住民の交流の場としての多目的ホール兼遊技室を整備しました。保育室、事務室及びホールを縁側でつなぎ、近代的でありながら、日本特有の縁側空間を演出しています。木材の持つ温かさや、親しみのあるやさしい空間によって幼児の情操教育などの教育環境に寄与しています。

 

嘉飯山森林組合事務所
所在地
嘉穂郡嘉穂町大隈町1766−4
問合先
0948−57−0235(嘉飯山森林組合)
この事務所は、県産材の需要拡大を推進するための展示効果もねらって建築されました。天井部にはトラス工法を採用し、ゆとりのある空間を演出。壁には丸太組工法を採用するなど、可能なかぎり原木のままで建築し、木の持つ温もりや、優しさを感じさせる施設となっています。

 

古処山キャンプ村 遊人の杜
所在地
嘉穂郡嘉穂町千手3628−7
問合先
0948−57−1212(嘉穂町産業振興課)
この施設は、都市住民に県立筑後川自然公園に指定されている古処山を活用した自然観察野外体験を通して、森林・自然への理解を深めてもらうことを目的としています。

 

到津の森公園 ウッドデッキ (樹冠の世界、郷土の森林)
所在地
北九州市小倉北区上到津4丁目
問合先
093-582-2505(北九州市建設局公園管理課)
豊かな自然環境の中で野外活動などを楽しめる社会教育施設です。

 

源じいの森ほたる橋
所在地
田川郡赤村大字赤
問合先
0948-25-1994(福岡県飯塚農林事務所森林土木課)
遊べて、泊まれて、故郷を体感できます。

 

入堂川砂防堰堤
所在地
福岡県行橋市大字入覚
問合先
092−651−1111(福岡県土木部砂防課)
間伐材を建設資材として再利用することにより環境負荷軽減を図った砂防設備です。

 

木製机・椅子 (児童生徒用)
所在地
福岡市博多区石城町12−5
問合先
092−262−0651
福岡県では、平成11年度から3年、県産材の机・椅子の導入を目的として実施した事業の結果、軽量化、コスト低減などの課題を克服するために、関係業界と共同研究を行い、低コスト化製品を開発しました。
これらの製品は、JIS規格に対応したもので、厳しい性能試験に合格したものです。製品群の充実により、選択の幅が広がり、用途に合わせた導入も可能となりました。

 

関の山いこいの森キャンプ場(飯塚市)
所在地
福岡県飯塚市網分419−1
問合先
092−651−1111(福岡県水産林務部治山課)
キャンプ場内を流れる渓流に設置したもので、スギ間伐材とコンクリートを組み合わせたハイブリッド構造で、堤体に使用した間伐材は交換可能となっています。間伐材の有効利用とともに、周囲の自然景観に溶け込むよう配慮しています。

 

竹棚田交流館(東峰村)
所在地
福岡県東峰村宝珠山
問合先
092−651−1111(福岡県水産林務部治山課)
都市住民との交流の拠点や、農業生産や地域住民の文化活動を行う場として整備された施設です。竹地区は「日本の棚田百選」に選ばれており、木材を使うことにより周囲の景観と調和したものとなっています。

 

有安団地集会所(飯塚市)
所在地
福岡県飯塚市(県営住宅有安団地内)
問合先
092−651−1111(福岡県水産林務部治山課)
木造平屋建ての集会所で、団地の中央広場に配置され、団地住民の地域活動の拠点として利用されています。床、壁の内装や外壁に木材を使用し、ぬくもりのある集会用施設となっています。

 

清水谷団地集会所
所在地
福岡県飯塚市(県営住宅清水谷団地内)
問合先
092-651-4141(福岡県建築都市部住宅管理課)
これは、県営住宅清水谷団地の集会所です。団地の中央広場に配置され、団地住民の地域活動の拠点として利用されています。外壁や内装に木材を使用した、木造平屋建ての、周辺の景観に配置した施設となっています。

 

道の駅むなかた(宗像市)
所在地
福岡県宗像市江口1172番地
問合先
0940-62-2715
「道の駅むなかた」は宗像市の新しい観光拠点として2008年4月にできた新しい道の駅です。
主柱と屋根トラスにスギをふんだんに使用した、暖かみのある建物となっています。

 



新宮町渡船待合所
所在地
新宮町大字相島1382-2番地
問合先
092-962-0231 (新宮町産業振興課)
渡船待合所として島の入り口に建つ施設となるため、島のシンボルとして目立つ外観で設計された。外装もスギ材を用い、暖かみのあるデザインとなっている。また海からの風向なども考慮し、建物形状も計算された形(丸みを帯びた屋根)としている。釣り客が多いため、床は防水タイルを使用しているものの、それ以外は壁から天井まで全てスギ材を使用し、木に囲まれた落ち着いた空間となっている。

 



筑後広域公園アネックス
所在地
筑後市大字津島
問合先
092-651-1111 (福岡県建築都市部公園街路課)
筑後広域公園の中の芸術文化交流施設の3棟の中の1つとして計画した建物であり、「筑後の山並みや自然の景観と調和する外観デザインとし、公園と建築が融合した環境とする」というコンセプトのもと木を多様したあたたかみのある建物を目差し、地元八女スギによる集成材を用いた屋根梁によってやわらかな架構となってています。

 

▲見出しへ

トップページにもどる